こんにちは!
ベビーベッド・家具専門メーカーのBOORIです。

妊娠中に、めまいや立ちくらみを起こしやすくなっていませんか?
また、頭痛が起こったり吐き気を頻繁にするようになった方はいませんか?

それは、もしかすると貧血の症状かもしれません。

妊娠すると貧血になりやすくなります。
しかし、立ちくらみなどの貧血の軽い症状は妊娠前にも起こることなので軽視してしまう方もいらっしゃいます。
お腹が大きい妊婦さんにとって、道端で倒れてしまうようなことは危険なので注意が必要です。
定期的に健診を受けて貧血なのかを診断してもらうようにしましょう。

また、貧血による赤ちゃんへの影響はあるのか心配になっている方はいらっしゃいませんか?

軽い症状の場合は大丈夫ですが、症状が重くなると赤ちゃんに十分な栄養がいかないことも。
栄養が不足することで、発育が遅れて早産になる場合もあります。

妊娠中の貧血は甘くみないで焦らず治していくことや事前に予防をすることが重要です。

それではまいります!

貧血の症状とは?

頭がクラクラするような感覚になったことはありませんか。
これは、貧血の症状のひとつです。
貧血は女性がなりやすいといわれています。
また、妊娠するとさらに貧血になりやすく感じる方も。
まずは、貧血とは何かをみてみましょう。

貧血とはどういう状態?

貧血とは「血が貧しくなる」と書くように、血の異常だと分かります。
貧血というのは、簡単にいうと血が薄くなっている状態です。
血が薄くなることで、体に様々な影響がでてしまいます。

貧血の診断基準

貧血は病院で診断することが可能です。
ヘモグロビン濃度とヘマトクリット値を調べることで、貧血かどうかがわかります。

ヘモグロビンとは赤血球のひとつで「血色素」ともいわれるものです。
「血色素」といわれるとおり、血液の色に関係しています。
実は、血液が赤く見えるのはヘモグロビンの影響だったのです。
また、酸素を全身に運ぶという重要な役割を持っています。
ヘモグロビン濃度が低くなると、酸素が全身に十分いきわたらなくなり、息切れが起こりやすくなることも。

ヘマトクリットとは血球の割合をあらわします。
血球とは血液の中の成分のひとつです。
血球の中には赤血球が多く含まれています。
赤血球の割合が少なくなるということは、血液が薄くなるということです。
その結果、貧血の症状がでやすくなります。

非妊娠時の基準

ヘモグロビン濃度:12g/dl未満
ヘマトクリット値:35%未満

非妊娠時の基準

ヘモグロビン濃度:11g/dl未満
ヘマトクリット値:33%未満

主に起こる症状

貧血で主に起こる症状としてはめまいや息切れがあります。
これは、酸素がうまく体に循環していないことから起こる症状です。
また、血流が悪くなることで肩こりや頭痛なども起こりやすくなります。

貧血の症状一覧

  • 動悸、息切れ
  • めまい、立ちくらみ
  • 体のだるさ、眠気
  • 頭痛がする
  • 吐き気がする

妊娠中に貧血になる原因

妊娠中は、貧血が起こりやすくなるのはなぜなのでしょうか。
実は貧血になりやすい理由は、お腹の中の赤ちゃんと関係していたのです。
しかし、貧血ぐらいなら大丈夫と思って油断するとちょっと危険かもしれません。
まずは、妊娠中のいつ頃から起こるのかをみてみましょう。

貧血はいつから起こる

妊娠中期から妊娠後期にかけて貧血になりやすくなります。
なぜなら、お腹の中の胎児が大きくなるにつれて酸素や栄養も多く必要となるからです。
しかし、普段から貧血気味の方は妊娠初期の段階から貧血と診断される場合も。

鉄欠乏性貧血とは

妊娠中の貧血は主に「鉄欠乏性貧血」と呼ばれます。
これは、妊婦さんの鉄分が不足することで起こる貧血です。
鉄分は赤ちゃんと胎盤を成長させるために必要になります。
妊娠中に貧血になりやすい理由は主に3つです。

赤ちゃんを守るため

お腹の中の赤ちゃんは血液から酸素や栄養を吸収します。
妊娠中は赤ちゃんを優先するので、母体は栄養不足気味になり貧血に。

血液が変化するため

妊娠中は赤ちゃんに栄養を届けようと血液量が増えます。
しかし、血液の中の赤血球の増えるスピードが追い付かないということに。
血液の量が増えても、濃度が薄くなるので貧血になるということです。

つわりの影響

つわりになると、食事が思うようにとれなくなる方がいらっしゃいます。
その結果、栄養が不足してしまい貧血になります。

赤ちゃんへの影響は?

貧血が起こることで胎児への影響はあるのでしょうか。
実は軽い症状と重い症状の場合で違ってきます。
症状の重さは病院でわかりますので自己判断はしないように。

軽度の場合

軽い症状の場合は特に注意する必要はありません。
なぜなら、赤ちゃんは自分に必要な鉄分などを確保しようとするからです。
ママが少し貧血になっても胎児の成長には影響がないといわれています。

重度の場合

重い症状の場合は注意が必要です。
十分な酸素や栄養が赤ちゃんに届かなくなることで、発育に影響することで早産になることも。
また、お産での出血が多くなると、ショック症状が起こる場合もあります。

貧血を治療するには?

妊娠中に貧血と診断される方は約70%ぐらいだといわれています。
軽い症状だと思っていても、めまいで倒れてしまい危険なことも。
できるだけ、貧血による症状にならないようにすることが大切です。

食事療法

基本的には食事を改善することで貧血を抑えます。
妊娠中の貧血は、鉄の不足が主な原因です。
鉄分をたっぷりとるようにするといいでしょう。
また、鉄分を吸収しやすい栄養素もとることも大事です。

薬物療法

つわりなどで栄養が十分とれない場合には鉄剤が処方されることも。
鉄剤は赤ちゃんへの影響はないので安心です。
しかし、副作用もあるので体に合わない場合は医者に相談するようにしましょう。

鉄剤による主な副作用

  • 胃が気持ち悪くなる吐き気
  • 便秘や下痢

貧血を防ぐ栄養分は?

妊娠中の貧血を防ぐには鉄分が重要です。
しかし、鉄分は吸収されにくい栄養素なので食べ合わせも考えましょう。
鉄分を意識して食事のバランスを考えると徐々に貧血を改善できます。

貧血でとりたい栄養分

  • 鉄分(ヘモグロビンの原料)
  • タンパク質(鉄の吸収を助ける)
  • ビタミンC(鉄が吸収されやすくなる)
  • ビタミンB6(たんぱく質の合成を助けて、ヘモグロビンを生成する)
  • ビタミンB12(葉酸と共にヘモグロビンの生成を助ける)
  • 葉酸(ビタミンB12と共にヘモグロビンの生成を助ける)

貧血で避けたい成分

鉄分の吸収を妨げるタンニンはできるだけ一緒にとらないようにしましょう。
主に緑茶や紅茶、ウーロン茶に含まれます。


ベビーベッドの購入で悩んでいる方へ

この記事を書いている、BOORIはオーストラリアのベビーベッドおよび家具の製造販売をしております。
赤ちゃんの寝る場所について、次のような悩みはありませんか。
  • 短期間しか使わないベビーベッドはいらないのではないか。
  • 布団があるからベビーベッドは用意しなくてもいいのではないか。
  • レンタルか中古のベビーベッドでいいかな。
  • どのベビーベッドを選んでいいのかがわからない。
  • 同じようなベビーベッドばかりでほしいベビーベッドが見つからない。
もし、これらのことでお悩みなら、一度以下の記事を読んでご検討ください。
記事:BOORIのベビーベッドが買われる理由